八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > 当院の小児の皮膚に対する考え方

小児の皮膚に対する当院の考え方

大人と子供の皮膚の違い

大人と違って、子供は皮膚も成長過程の為、大人とは全く異なります。
特に皮膚の厚さが異なります。

大人:2~3mm、子供:1~2mm

大人の半分程度しか厚さがありませんので、気温や湿度は勿論、ダニ・ハウスダスト・雑菌などの外部からの影響をとても受けやすいのです。

わたなべ皮フ科・形成外科における治療スタンス

当院では「皮膚科医はお子様にとって、すくすく成長してもらう為のサポートを行う」というスタンスで治療すべきだと全ての医師が考えております。

その為、「極力強い薬を避ける」という信念のもと、治療を行っております。
具体的には「ステロイド剤の使用」「抗生物質の多用」は控えております。

但し、体質や成長状況を考慮した上で使用する場合もありますが、その場合は最小限に抑えるよう心がけております。

また、対症療法(症状を抑えるための治療)で症状を抑え込んでも、大人になっても再発してしまう場合もあります。その為、ご両親と相談した上で体質改善が必要なお子様には漢方薬による治療も行っております。
当院ではお子様の体調を明確に把握するためにも「お腹」「舌」「便通」の状況を把握した上で、最適な漢方を処方するよう心がけております。
また漢方薬を飲みにくい子お子様には服薬指導も行っておりますので、ご両親も安心いただくことができます。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。