八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > お悩み・症状別一覧 >アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

当院ではステロイドをできるだけ使わず、根本治療をめざしています。毎日の診察で最も患者さんの数が多いのがアトピー性皮膚炎だと思います。日本皮膚科学会ではアトピー性皮膚炎を次の三つの特徴で定義しています。

  1. かゆみ、湿疹がある
  2. 遺伝的な体質がある
  3. 症状が長時間続く

アトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症、かゆみ、乾燥がでてきます。原因としてはアレルギー(アレルギー検査や食物摂取記録などから判別)、遺伝体質、悪化因子(汗、体調、日光、気候、過労など)があります。かゆいだけでなく、かきむしっていると、トビヒのような細菌感染や、ヘルペスウイルスの感染、白内障、網膜剥離を起こしてしまうこともあります。

アトピー性皮膚炎と併発しやすいのは、アレルギー性鼻炎、気管支喘息で、漢方薬で体質改善する際に、アトピー性皮膚炎のみならずほかのこれらの病気も改善していることが多く、喜ばしいですね。

かゆみを止めるため、ステロイド外用剤を塗る、かゆみ止めを内服する・・こういったことがオーソドックスな治療になっており、確かに一時的にかゆみは改善しますし、軽いアトピー性皮膚炎ならば、1、2度の治療で完治してしまうこともありえます。しかし、たいていの慢性皮膚炎、アトピー性皮膚炎は、塗ると収まる、塗らないとまた出る、だんだんステロイドを強くしなければ効かなくなる・・の悪循環を起こすことも多々ありますし、こういった治療薬の使い方、使う量、強さなどのコントロールをかかりつけ医と一緒にやっていく必要があります。

このような状態から脱却するために当院では、

  • ■レーザー治療によるかゆみの抑制(エキシマレーザー、ソフトレーザー、LEDなどを積極的に取り入れています)
  • ■漢方薬による体質改善
  • ■注射による体質改善(アレルギーを起こしにくい体質にする)
  • ■皮膚表面の雑菌から起こる炎症を抑えるための超酸性水(しかも表面を乾かさない)
  • ■ステロイドではない独自の、または古来の軟膏処方

といったものを組み合わせ、その方専用のレシピを作り、治療させていただいております。

アトピー性皮膚炎の外用薬として、ステロイド以外にプロトピック軟膏(タクロリムスという免疫抑制剤)があります。これは、ステロイドのもつ副作用を抑えるという利点がありますが、弱点としては使い始めにかえってヒリヒリ感がでることが多いです。(あとでこれはなくなります)

プロアクティブ治療とは

多くの方は、これをあまり理解せず使い始めてしまうので、挫折してしまいまたステロイド軟こうに舞い戻ってしまことが多いですが、使い方の指導をきちんとしますので、両者の使い分けがきちんとできるようになります。プロトピック軟膏の使用法に限らず、アトピー性皮膚炎が比較的落ち着いている状態でも、次の再燃のサインがご自分でも気付かないけれどあることが多いです。いかに再燃させずにいくかという考えで治療する方法をプロアクテイブ治療といいます

症状がでてから何か対処するということばかりでは、いつまでたってもループから抜け出せないことがあるからです。ですからこういう軟膏の使い分けというのが上手にできるかどうかというのが非常に大切になってくるわけです。

私はステロイド自体を悪者扱いしているわけではありません。人類が開発してきた素晴らしい効果のでるものだと思っていますし、臨床の場でも使っております。ずっと昔はこのような薬がありませんでしたので、どのような皮膚の病気でも早く治るということがあまりありませんでしたので救世主的な存在になったのも無理はありません。しかし、あくまでも皮膚に何か発疹なりかゆみなりが出るということは、からだ全体、体の内部、心の状態的にアンバランスになっており、その表現として外である皮膚に出てきていると私は捉えております。

皮膚の症状は氷山の一角にすぎません。特にアトピー性皮膚炎に限らず慢性の皮膚病の場合にはその傾向が大きいといえると思います。氷山の一角だけをステロイドでたたき、症状をなくしたり軽減させても、その間に氷山の水につかった下部の大きなアンバランスを整えていくことをしなければ、結局いたちごっこになります。かつ、次回の皮膚への症状発現は前回よりも大きなものになることが多いです。

ステロイドを一時期に使いつつも、内部の異常に耳を傾け、養生されるならば非常に賢い使い方といえますが、ステロイドを漫然と塗り続け、体の声を無視し、無理を続けた結果・・・というのは、ある意味人類は自分たちの開発したもので身を滅ぼしていっているといえるのではないでしょうか?

皮膚に何を塗ればいいのか?と私はよく質問されます。何か塗るもののご指導をするスペシャリストと思ってくださっているのかもしれません。確かに私は外用薬の処方もいたしますし、その方にあったスキンケアのクリームもアドバイスさせていただいています。しかし、声を大に言いたいのは「皮膚は排泄器官である」ということです。皮膚の健康を保つにあたって最も大事なのは、皮膚にきちんと排泄させてあげる・・ということです。

人間にはほかの排泄器官があります。尿として、便通として、生理として、汗として・・このようなほかの排泄器官の機能が乱れたときも、皮膚には排泄に関しての負担がかかりますので、皮膚症状が悪化することが多いです。ですから他の臓器の乱れも治しつつ、皮膚にはしっかり本来の仕事をしていただく・・というのが正しい治療の流れと考えています。すると皮膚にいろいろプラスして塗ることよりも、できるだけ引き算をしていくこと・・これが基本大事になってきます。いろいろ塗ったり足さない、今まであるものをまず引き算していって自己治癒力を引き出すことです。

とくに私のところには新生児、乳児さんを連れてきてくださる方が多いです。生まれたてのかわいいわが子がほほに赤い湿疹、皮膚にいろいろ出て、まわりの人から「かわいそうだから、何か塗ってやりなさい」とかアドバイスされたりして、親御さんもパニックになられていることが多いです。私は特に小さなお子さんの場合には、多くを塗ってもらいません。極端な場合では、超酸性水で皮膚表面の雑菌を減らしてもらうだけの指導です。何かお薬をもらおうと来られた親御さんは、ちょっと驚かれることもありますが、説明するとわかっていただけますし、次回来られた時、よくなっているので安心してもらえます。

大人と違い、子供さんの場合、成長という大きな味方がありますので、よりこの自己治癒力をただ引き出す考え方の治療のほうが、副作用なく治っていくというのが私の持論です。成長に従い、改善していく傾向があまりみられない場合に限り、漢方薬などによる体質改善を行います。大人よりはるかに改善率が高いので、私は大人になるまで引きずる前に、子供時代のうちに体質改善してほしいなあ・・といつも思っています。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。