八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > お悩み・症状別一覧 >じんましん

じんましん

かゆみを伴う蚊に刺されたような発疹が全身にできる疾患です。即時型アレルギーとよばれるアレルギーで発症する場合とそうでない場合があります。ふくれた発疹は一個は24時間以内に消失しますが、ほかの部位に新たに発生することで診断ができます。ときにはアナフィラキシー反応とよばれる呼吸困難を伴う急激な反応を引き起こすことがあります。来院される頃には発疹が消えていることが多く、デジカメ、写メールでとってこられることが多いです。

特定の食物、薬剤で発症するものもありますが、原因のはっきりしないものも多いです。発汗や物理的刺激(寒冷、日光照射、温熱、負荷、圧迫、水との接触)により起こるものもあります。発症して一か月以内のものを急性じんましん、それ以上経過したものを慢性じんましんとよびます。

慢性じんましんの原因のほとんどが、ストレスなどによる自律神経の乱れであるとされていて、自律神経の乱れを整えることが大切です。この場合体質改善のため漢方薬を併用するとより早く治ります。たとえば、産後慢性じんましんになられた女性の方に血のめぐりをよくし、水分代謝をよくする漢方を飲んでいただくと、治ったりします。

治療としては、まずは詳細な問診により、どのじんましんに該当するかを検討します。原因がはっきりしている場合では、原因物質や刺激を避けていただきます。増悪因子(ストレス・感染・暴飲暴食・不規則な生活)を避けていただきます。抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服をしてもらったり、胃薬(これが効果的な場合も多いです)、体質改善の漢方薬を足したりします。症状が安定している場合は、二週間~一か月に一度の通院を行っていただきます。慢性じんましんの場合落ち着くまでに数年かかることもあります。あせらずじっくり治療することが必要となります。そのほか特殊型として血管性浮腫、じんましん様血管炎などがあります。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。