八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > お悩み・症状別一覧 > うおのめ・たこ

うおのめ・たこ

タコとは足の裏などの皮膚が物理的圧迫や、摩擦によって角質が固くなってしまった状態です。ウオノメ(けいがん)は角質が芯となり針のように食い込んだ状態です。疼痛がやく、増悪傾向もなければそのまま放置していてもいいのですが、疼痛がひどかったり糖尿病がある方は早期に治療を行わないと、潰瘍になることがあります。

基本的には患部を削ったり、くり抜きを行います。サリチル酸ワセリンなど、角質をや割らなくする薬の閉鎖密封療法を指導しています。高齢者で皮膚が薄くなっておられる方は削りすぎず、軟膏療法をお勧めしています。お子様の場合にはイボと間違われている方が多いので、まずは診察をいたします。処置のあとに、再発防止グッズのためのアドバイス、グッズ紹介などをいたします。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。