八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > お悩み・症状別一覧 > 火傷(やけど)

火傷(やけど)とは

やけどは障害された皮膚の深さによって一度~三度に分類されます。

一度
皮膚が赤くなりヒリヒリしている状態ですが水疱やキズにはなっていません。治療としては状態にあう軟膏を塗り炎症をひかせます。通常は一週間以内に瘢痕を残さず治癒します。こすったり日にあてると炎症後色素沈着を残すことがあります。
二度
水疱になってしまっています。二度熱傷は深いものと浅いものに分かれ、そこで傷の治り方に大きな違いがでます。治療は当初はステロイド外用剤を塗布し、その後は創傷治療薬などを塗布します。また傷が清潔な場合はヂュオアクテイブおような創傷被覆材を貼ることにより、痛みを少なくし、早く傷跡を少なく治します。二度の場合はよい治療をするか否かで、あとの残り方が大きく違いますので、自分で処置せず、必ず専門医にかかってください。
三度
最も深い熱傷で、疼痛がかえって少ないです。皮膚が炭化し、灰色もしくは褐色になります。潰瘍処置が必要で、多くの場合植皮が必要となります。三度熱傷では大病院に紹介させていただく場合がございます。

やけどを起こされた場合、まず流水、氷などでじゅうぶんによく冷やし、早期に医療機関受診をしてください。衣服を先に脱いでしまうと、皮膚が一緒にはがれてしまいますので、衣服の上から冷やしてください。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。