八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > お悩み・症状別一覧 > 巻き爪・陥入爪

巻き爪・陥入爪

足指の変形、合わない靴、不適切な爪の切り方、歩き方の癖などで爪に不自然な力が加わることにより発症するといわれています。原因が分からないこともあります。爪が皮膚に食い込んで、爪周囲に炎症を引き起こすものです。痛みや腫れが起こり、菌が入って膿んでしまうことがあります。

治療法としては、痛みがあまりない場合は、爪の切り方のご指導、矯正指導をします。痛みがある場合、テーピング指導、コットンパック法のご指導、場合よりワイヤー法(保険適応外)で巻き爪を矯正します。これは、爪の先端の部分の両側に小さな穴をあけて、「超弾性ワイヤー」という特殊安ワイヤーを通します。超弾性ワイヤーは元に戻ろうとする力が強く、湾曲した爪を徐々にもとの平らな状態に戻して治療します。

ここに感染が起こっている場合は、抗生物質の内服、痛みどめ、抗生物質入り軟膏の塗布をし、コットンパック法のご指導をします。何度も再発する場合はフェノール法や、手術をすることにより、食いこんで爪がはえることをネコそぎ治療します。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。