八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > 治療別一覧 > 漢方(保険適用)

このような悩みの方に効果的

アトピー性皮膚炎、にきび しみ 生理痛・生理不順 更年期障害

漢方治療とは

日本漢方と中医学の漢方は考え方が違います。日本漢方の診断、治療方法は一言でいうと「方証相対」といわれ、漢方医学的病態(タイプ)を漢方処方と対応させて治療に臨むという方法論です。結果的に「おなかでっぷりの便秘がちの赤ら顔の人」イコール「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)タイプ」というふうに防風通聖散を用いて治療することになります。

一方、中医学の診断・治療方法は一言で「弁証論知」といわれます。望・聞・問・切 という四つの診察方法から中医学的疾病の情報を収集、分析、統合し、分類を行うことを弁証といいます。これらの情報をもとにして、気・血・水の流れ、経らくの流れ、臓器の問題、冷え熱などを考えて、処方を組み立てます。当院では日本漢方と中医学の両方を学び、その良いところを取り入れた処方を心がけております。

一般的には標治療(局所の治療)と本治療というのがあり、皮膚科では前者は皮膚の症状を軽減させることにあり、後者は全般的な体質の虚弱を調整する処方を出します。この二つをうまく組み合わせることが成功への早道となると思います。

漢方治療の効果・特徴

アトピー性皮膚炎; 中医学では「皮膚は内臓の鏡である」といわれており、内臓の諸問題が皮膚に現われてくるのが皮膚病という捉え方をしています。この原因は複雑で、腎のほか、心、肺、肝、脾とも関連すると考えられています。
血熱によるもの、湿熱によるもの、外邪によるもの、血虚によるものなどに分類されています。

処方は、温清飲(うんせいいん)、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、当帰飲子(とうきいんし)、などが中心となります。ほかに漢方いり入浴剤、漢方軟膏なども併用します。

まずは三か月ほど続け、効果をみて、継続したり、変更したりすることが多いです。治療は程度にもよりますが、子供は早く一年程度で卒業できることもありますが、大人は既に時間が経っているので、何年かかかることもあります。針灸治療の併用をすることもあります。

にきび

肺・肝・脾胃・血液との深い関係があるといわれています。
肺熱によるもの、胃熱によるもの、血熱によるもの、淤血(おけつ)によるもの、気血不足によるものに分類されています。

処方は、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)、荊芥連翹湯、調胃承気湯(ちょういじょうきとう)、温清飲、加味逍遙散(かみしょうようさん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などです。
おおよそ三か月ほどで効果がはっきりします。

しみ

ほとんどが淤血からくるものですので、淤血を改善するものを処方することが多いです。
処方は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、桂枝茯苓丸加ヨクイニン(けいしぶくりょうがんかよくいにん)、加味逍遙散、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)などでこれに便通を良くするものを足したりします。三か月ほど続ければ効果を実感できます。

生理痛・生理不順

寒湿によるもの、肝欝(かんうつ)によるもの、気血両虚によるもの、肝腎虚損によるものがあります。
処方は、温経湯(うんけいとう)、四逆散(しぎゃくさん)、通導散(つうどうさん)、加味帰脾湯(かみきひとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、六味丸(ろくみがん)などです。

原因が子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症などの場合は完治に時間がかかりますが、機能性の問題な場合、三か月くらいで軽減してきます。

更年期障害

ほとんどが淤血からくるものですので、淤血を改善するものを処方することが多いです。
処方は、桂枝茯苓丸、桂枝茯苓丸加ヨクイニン、加味逍遙散、当帰芍薬散、桃核承気湯などでこれに便通を良くするものを足したりします。三か月ほど続ければ効果を実感できます。

患者様の声

  1. ふたりめの子供がなかなかできず、こちらで漢方治療をしておりました。無事に第二子を授かりました!大変感謝しております。
  2. ニキビの治療でこちらにきていたのですが、ニキビは三か月ぐらいで治ったのですが、同時に生理痛、冷え症も改善したため、まだ続けています。今ではサプリみたいな感じで続けています。
  3. しみの治療で、ほかの薬と一緒に漢方薬ももらっています。肩こりと疲れやすさが改善してきました。
  4. 更年期の顔のほてりで悩んでいましたが、今はかなり落ちつています。外出もおっくうでなくなりました。副作用がないのがうれしいです。

治療中の注意点

まれに漢方薬でむくむ方がおられます。万が一そういう症状が出られた方はお申し出くださいませ。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。