八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > 治療別一覧 > 脱ステロイド軟膏・脱ステロイド治療

このような悩みの方に効果的

  • ■ずっとステロイド軟膏を使ってきたが、だんだん効かなくなり、どんどん強いものになっている。このままではどうなるのか心配。
  • ■まだ小さな子供なのだが、かなり強いステロイド軟膏を処方してもらっていて、心配。
  • ■ステロイド軟膏を使えば症状はよくなるが、使わないでいるとまた悪化する、の繰り返し。根本解決をしたい。
  • ■皮膚症状のみならず疲れやすい、寝汗をかく、寒気がするなど全身の症状がでてきている。ステロイドを使い出してからこうなってきた感じがする。
  • ■前にステロイドを離脱したら、リバウンド症状がひどくて入院することになった。再度離脱をしたいが、ひとりでやってひどくなるのが怖い人。

脱ステロイド軟膏・脱ステロイド治療とは

私はステロイド軟膏そのものを否定するつもりはありません。ごくたまの皮膚の炎症症状などでは、大変よく効きますし、しかもその時の程度に応じた強さのステロイド軟膏を使えば短期間で症状が治まりますし、再発の可能性もほぼありません。再発している場合でも年に一度軽度に出る、しかも年々出る症状の程度、頻度が軽減しているというような場合も、ステロイド軟膏使用をされても問題はないと思っています。

しかし、アトピー性皮膚炎などの慢性病の場合、ステロイド軟膏は局所皮膚の炎症をただ一時的に抑えるだけで、根本治療にはなっていませんし、局所療法を理解したうえで上手に使うのならばまだよいと思うのですが、強いものを長期にわたり使用することにより、副作用をきたしたり、耐性といってその濃度では効かなくなりより強いものを使用せざるをえなくなるということが起こってきます。これでは、ステロイド軟膏を上手に使用しているとはいえませんよね。

アトピー性皮膚炎に限らず、どの肉体症状もなんらかの全身のアンバランスが局所に症状を呈しています。ですから、局所のみ炎症を抑えたりしていても、根本解決にならず、その後より悪化するというのもうなずけます。根本治療を目指すならば、体と心のアンバランスを是正しつつ、自己治癒力をできるだけ引き出す方法を選ばれるのが一番自然でベストであるということになります。

脱ステロイド軟膏というのは、なにも魔法の薬でもなんでもなく、ずっと昔、皮膚科で治療に使われていた軟膏たちです。昔はステロイド軟膏は存在しませんでした。ですから当時はあとで書きますようなステロイドではない軟膏を医者が工夫して作り、患者さんに自ら塗布していました。当時のクリニックは、そんな軟膏の匂いにあふれていました。ステロイド軟膏がでてきてからというもの、そのあまりの切れ味に、古い軟膏はすっかりすたれてしまいましたが、切れ味がもろ刃の剣であることに人々が気付きだしてから相当の年月がたっています。

脱ステロイド療法といってもこれまた、何か魔法のような方法があるわけではないのです。ただ個人にあった自己治癒力をひきだすさまざまな方法からピックアップした方法を個別にアドバイスさせていただき、実施していただくということになります。

温泉における湯治療法というのがあり、私もこれを自己治癒力をひきだすさまざまな方法のひとつに加えているのですが、昔の本格的な湯治療法といえば最低一か月ぐらい温泉に滞在し、温泉にはいるのはほんの短時間、食事もオーガニックなものを自分で調理して食べるという質素さ。この生活の繰り返しに皮ふ病も癒えて・・というのはわかるのですが、昨今の温泉と申しますと、みなさん多忙な中一泊二日で温泉地に赴き、一日に何時間も温泉に何度かはいり、かつ豪勢な食事をとり・・・結果残念ながら皮膚症状は悪化・・して戻られる方が多数です。温泉の効能書きには「皮膚病一般」って書いてあったのに・・っておっしゃるんですがね。そんなふうに現代人のハンデイーな生活にはステロイドは合致してきてしまったのかもしれませんが、人間の体はスマートフォンみたいにはいかないものです。

私と一緒にみなさんの自己治癒力をひきだし、あげる方法を探していってみませんか。

脱ステロイド軟膏の効果・特徴

ブラウン軟膏(漢方軟膏)

白色ワセリンと漢方薬の配合剤です。ジオウ、オウゴン、シャクヤク、オウバク、センキュウ、オウレン、トウキ、サンシシなどの生薬が入っており、内服の温清飲という漢方薬をベースにして作っております。ちょっとえぐみのある匂いがします。
効能 : 乾燥肌、ゴワゴワ肌、かゆみ、炎症に、黒ずんだような皮膚によい。

タール剤軟膏いろいろ

消炎・鎮痒作用を持つ脱脂大豆の乾留タールを使用することにより、ヒト表皮角化細胞に働きかけ表皮バリア機能分子といわれるフィラグリン、ロリクリン、オクルーデインの発現を誘導させ、皮膚バリア機能分子を改善させます。このことにより皮膚炎を改善させることができます。モクタール、イクタモールといったタール剤も古来ありましたが、発がん性の問題などで入手困難ですので、安心安全なタール剤を当院で作っております。

  1. タール一号
    ワセリン、亜鉛化軟膏、グリテールの混合剤で、タール剤の基本的なものです。ステロイド使用しないで頑張る場合はこちらになります。
  2. タール二号
    ジフェンヒドラミン、亜鉛化軟膏、グリテールの配合剤で、タール一号とほぼ同じ効能なのですが、べたつきが少なく、ちょっとすっきりした感じです。
  3. タール三号
    同上軟膏に、ほんのわずかウイークのステロイドを混ぜています。いきなり脱ステロイドをしてリバウンドが怖いかたはこちらからをお勧めいたします

グリメサゾン軟膏

デキサメタゾン・脱脂大豆乾溜タール配合で、少しステロイドははいっていますが、保険適応で使いやすいです。かゆみがひどい場合は一時的にこれを使うのも手ですね。これも、ほかの軟膏と混ぜることにより効能をあげることができます。これは保険適応になります。

かゆみ止め軟膏A

これはアレルギー性疾患外用剤である、かゆみ止めジフェンヒドラミンと鎮痛、鎮痒剤であるアミノ安息香酸エチル軟膏の合剤です。外傷、熱傷、日焼け、痒み、掻いてしまって痛いくらいの方などに適合いたします。

紫雲膏

漢方でよくつかわれる軟膏で、トウキ、シコン、ごま油、みつろう、豚脂より製した軟膏剤。ひび、あかぎれ、しもやけ、皮膚炎、湿疹によい。皮膚が紫色になるのと、においがちょっと気になりますが。

太乙膏

アトピー性皮膚炎などによく使う軟膏です。

ベルクミン軟膏

オウバク、ウコン配合で、やけど、きず、湿疹にききます。

蘇潤エース軟膏

シソの葉と保湿成分でできた保湿剤

R・M 軟膏

アクリノール、スルファジアジン軟膏配合で、外傷、やけど、とびひ、湿疹、ただれに効きます。

カレンデュラ軟膏

プロペトにハーブのカレンデュラを配合したもので、けが、きず、湿疹によく購入されています。

オリピーオイル

オイルが肌に合う方のためにオリーブとピーナッツ油配合

スキンキャロットオイル

ピーナッツアレルギーの方のためのオイル基材のもの

beeswoh軟膏

かゆみ止め(ホルモン剤不使用)、炎症抑制作用が強く、アトピーにもよく効く。

脱ステロイド治療の基本は実は「何も肌に塗らないこと」です。ですから上記脱ステロイド軟膏であっても「いっぱい塗ってください」「ずっと塗ってください」ということではありません。また効果の出る塗り方というのもありますから、是非とも当院でそれを聞いて帰ってください。

初回は必ず当院でスタッフが軟膏を塗布しますので、塗り方、使い方を学んでくださいね。保険適応の薬以外はおおむね当院の自家製軟膏となります。

患者様の声

  1. ステロイドでひどいことになってから、ずっとこの皮膚科さんでステロイドでない治療をしています。塗るのはアズノールのみです。最初はかゆかったのですが、風邪もひかなくなったし、急に悪化することもなくなったので助かっています。
  2. 子供のアトピーでこちらに来ました。前のところで、どんどんステロイド軟膏が強くなってきて、調べたらベリーストロングと書いてあり、怖くなってこちらに来ました。最初の日からステロイドではない軟膏になりました。漢方薬ももらっています。ずっと出ていた鼻水も止まり、湿疹もほっぺたに少し残るだけになりました。この方法にしてよかったと思います。
  3. ずっとアトピーが長く、どこの病院に行ってもステロイド軟膏をもらうだけなので、どこに行っても一緒だとあきらめていました。が、知人の紹介でこのクリニックに来て、「ちょっとくさいけど、ステロイドじゃないのにしましょう」と本気で治す気構えで院長が話してくれたのに励まされています。がんばります。

料金(税抜)

Beeswoh軟膏 20g 1,000円 カレンデュラ軟膏 10g 500円
20g 1,000円
紫雲膏 20g 1,750円 RM軟膏 20g 1,500円
超酸性水 小 100円
大 150円
ノンアルコールの消毒水
うるおいクリーム 10g 450円
20g 900円
カオの保湿クリーム
ベルクミン軟膏 20g 1,300円 うるおいローション 20ml  500円
250ml 5,000円
カオの保湿クリーム
オイル 50g 400円 かゆみ止め軟膏A 10g 500円
20g 1,000円
太乙膏

20g 1,360円    
蘇潤エース 50g 1,600円    
ブラウン軟膏 10g 500円
20g 1,000円
   
タール剤軟膏 1号 10g 650円
1号 20g 1,300円
2号 10g 650円
2号 20g 1,300円
3号 10g 650円
3号 20g 1,300円
(グリテールが効果なので)
   

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。