八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > 治療別一覧 > 育ち盛り・学び盛りのお子様の心と体のサプリメント外来

お子様のための栄養アプローチ

子供たちの現状は・・・・

気力・体力の低下

  • 感情のコントロール不能
  • 運動能力の低下

食生活の乱れ

  • 偏食・インスタント食
  • ダイエット
  • 個食、孤食

ライフスタイルの変化

  • 外遊びの減少
  • 生活時間の夜型化

特に栄養状態の乱れがいちじるしく、様々な健康障害の原因になっています。

成長期こそ、充分な量の栄養素を
しっかり摂取しましょう

タンパク質の重要性
タンパク質は細胞の重要な構成成分です。血液、筋肉、爪、髪の毛、酵素、ホルモン、抗体などが全てタンパク質からできています。
ビタミンの重要性
ほとんどのビタミン類が体内で生合成できない微量栄養素であり、生理機能を正常にし、代謝がスムースにいくように調節する作用があります。
ミネラルの重要性
ミネラルは、身体のほとんどの機能に密接に関わりあっている重要な栄養素で、その過不足は身体に大きな影響を与えます。

参考資料 脳の発達と低栄養

WHO「子供の低栄養と精神発達」シンポジウムにおいて、“発育盛りの子供は、軽度、あるいは中程度の栄養不足があると、知的発達の遅れを引き起こす”と発表されました。
脳の発達する年齢は胎児から3歳くらいまでですが、その後、10歳くらいまでに99%が完成します。そのため、身体だけでなく脳を育てるための充分な栄養素の補給が必要となります。

ビタミンB1(1日2mg)が
子供の頭脳学習に与える効果(9~19歳)
  ビタミンB1なし ビタミンB1投与
(1年間)
記憶力 100 175
反応の速さ 100 120
知能の発達 100 215
物事に関する
興味・関心
100 530

※ビタミンB1摂取なしを100としたときの比較
Harrell, R.F.Mental Response to Added Thiamine. Journal of Nutrition Vol.31 No.3 March 1946, pp.283-298

当院がお勧めするサプリメントについて

  • これまで多くのお子様にご愛用いただいています。
  • 医療機関でのみ取り扱われるサプリメントです。
  • 高純度・高濃度・高品質な原材料を使用しています。
  • GMP(医薬品製造基準)準拠のもと徹底した生産管理を行っています。

当院のキッズサポートサプリメント代表例

製品 主要栄養素
プロテイン   タンパク質
NBComp   ビタミンB群
ナイアシン   ビタミンB3
ヘム鉄  
SBB   マルチビタミン・ミネラル
このようなお子様にお勧めします
成長期
体力がない
疲れやすい
食欲不振

当院では、あなたの健康ライフをサポートする3つの栄養サービスをご提供します。

詳細な血液検査データに基づき、あなたに必要な栄養素と量をレポートします

特長
医師による栄養学的見地に立った解析です
エビデンス(血液検査結果)に基づいています
必要な栄養素をアドバイスします
栄養解析レポート
解析結果を基にわかりやすく解説したレポートをお届けします

高品質なメディカルサプリメントをご提供します

特長
世界に一つだけのあなたのためだけの栄養素を配合したテーラーメイドパッケージです(包装タイプ)
携帯にも便利な小袋包装です(包装タイプ)
GMP(適正製造規範)適合基準工場で製造される信頼のサプリメントです

あなたに合わせた「メディカルサプリメント」をお求めいただけます。
日数や量、ご予算に合わせたご購入も可能になっております。

あなたの栄養状態について詳しくご説明・アドバイスいたします

サービスの流れ

サプリメントレポート

栄養解析レポートの他にサプリメントレポートもご提供します。

 

必要な栄養素と量をサプリメントで摂る際のご提案です。

より健康であるために・・・

普段の食事だけで、バランスの取れた栄養素をカバーするのは難しいものです。

そんな時に重宝するのがサプリメントですが、あなたはどんな基準でサプリメントを選んでいますか・・・?

  • あなたの血液検査結果に基づき
  • あなたに必要な栄養素を
  • あなたに最適な形でご提案する

それが当院のサプリメント外来です。

より高い健康意識を持つあなたのために、積極的な栄養面からの健康アプローチとして、当院のサプリメント外来をお役立て下さい。

治療費用のご案内

金額(税抜)
血液検査と診察:18,000円
サプリメント:別途必要です。

※サプリメント外来ご希望の方は院長の診察をお受けください。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。