八尾・東大阪・柏原で皮膚科をお探しならわたなべ皮フ科へ

診療予約はこちら

大阪府八尾市北本町1-3-5 TEL:072-993-4676

ホーム > 治療別一覧 > サイトカイン療法

究極のオートクチュール美容、新しい再生医療

~ サイトカイン療法 ~

サイトカインとは?

人の体は約60兆個の細胞から構成されているのはすでにご存じだと思いますが、その細胞の基となり、様々な細胞に分化(変身)、自らを複製する能力をもっている細胞、それが幹細胞です。

また、サイトカインとは、細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称であり、増殖因子とも言われています。幹細胞を特殊な方法で培養している過程で現れるたんぱく質のことで、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たします。

『サイトカイン療法』は、究極のアンチエイジングとも言われており、主な効能としては、

  • アトピー性皮膚炎
  • 尋常性乾癬
  • 難治性皮膚病
  • 難治性にきび
  • 薄毛
  • 腰痛
  • ダイエット
  • 疲労回復
  • 痴呆
  • 肩こり

などがあげられます。

☆美容・健康面での様々な『アンチエイジング』が期待できます!
※サイトカイン療法は事前に医師の診察が必要です。

サイトカインの主な種類と効果について

  • 発毛、育毛 ⇒ 血管内皮細胞増殖因子・ケラチノサイト成長因子
  • しみ、くすみ、しわ ⇒ EGF 及びその Family
  • 皮膚再生、しわの改善、ハリ等の弾力の再生、育毛 ⇒ インシュリン様成長因子
  • 細胞分裂の促進、損傷組織の増殖・再生 ⇒ 血小板由来成長因子
  • 抗炎症、創傷治癒 ⇒ トランスフォーミング成長因子
  • 組織再生 ⇒ 肝細胞増殖因子

【神経系栄養因子】

  • 神経幹細胞の増殖促進・活性 ⇒ 毛様体神経栄養因子
  • 神経細胞の分化・成長、ドーパミン取り込み促進 ⇒ グリア細胞株由来神経栄養因
  • 神経伝達物質の合成・促進、神経細胞の維持、細胞損傷時の修復、脳神経の機能回復を促し老化を防止、アルツハイマー病・痴呆症の予防 ⇒ 神経成長因子
  • 神経細胞の生存維持・成長促進、アルツハイマー病・痴呆症の予防 ⇒ 脳由来神経栄養因子

臍帯由来のもの

~ ヒト臍帯幹細胞由来サイトカイン療法 ~

皮膚・粘膜・婦人科的なもの・顔・育毛に向いています。

乳歯髄由来のもの

~ ヒト乳歯髄幹細胞由来サイトカイン療法 ~

神経系(皮膚は神経由来です)、免疫疾患、アトピー、乾癬、花粉症、脳梗塞、パーキンソン病、痴呆、リウマチ、アンチエイジングなどに向いています。

ヒト臍帯幹細胞由来サイトカイン療法

【価格】 (税抜)
  容量 金額
注射 1cc 29,800円
点滴 1cc 29,800円

⇒ モニター募集中!!詳しくは ⇒ ⇒ こちらをご覧ください。

※使用の目安
1cc ・・・ お顔のピンポイント or 手の甲 or 首
2cc ・・・ 全顔
3cc ・・・ 全顔+首
4cc ・・・ 全顔+首+手の甲

ヒト乳歯髄幹細胞由来サイトカイン療法

サイトカイン軟膏 (アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬用の軟膏)

サイトカイン療法を用いた画期的な軟膏を発売することになりました。アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬等の患者様に特に有効です。症状に応じて濃度を変えて使用します。(使い方は医師にアドバイスを受けてください)

【価格】 (税抜)
容量 濃度 金額
20g 0.3cc 入り 2,000円
20g 0.5cc 入り 3,000円
20g 1cc 入り 4,500円

サイトカイン美肌療法

サイトカインのアンチエイジング治療で、以下のような施術方法が行うことが可能です。これにより+αで、小じわ・毛穴の改善や、キメ・質感の改善が期待できます。

  1. イオン導入時
  2. ケミカルピーリング後
  3. CO2 フラクショナル後
  4. 直接注射
【価格】 (税抜)
※1~3は、各施術代も別途必要です。
1、2、3、4 4 (注射代として)
1cc : 30,000円 10,000円

※頻度は1ヶ月に1回の目安ですが、特に制限はありません!
※1回でもかなりの効果が期待できます!

サイトカイン発毛療法

※頻度は1ヶ月に、3~5回が目安です。

  1. イオン導入時
  2. ケミカルピーリング後
  3. CO2 フラクショナル後
  4. 直接注射
【価格】 (税抜)
※注射料金含む。
※最低3回は必要です。
1回 : 100,000円 (3cc 使用します)

併用で、さらに効果アップ!

サイトカイン療法は、事前に医師の診察が必要です。

八尾、東大阪、柏原で皮膚トラブルのご相談は、わたなべ皮フ科・形成外科

当院を受診される方はお薬手帳を持参していただいております。
現在内服されているお薬がある場合、正確な診断を行う為に必ず必要となりますので
お忘れることの無きよう、お願いいたします。